スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミ・・・

2013.08.30 21:55|4歳の日々
朝保育園に行くときに、セミがその命を終えようと道路の真ん中でバタバタしていて、

息子が「セミは何してるの?」と質問。
その時は余裕があったので、

「セミは1週間くらいしか生きられないから、もうすぐ死んじゃうんだよ。でもさ、コンクリートで死んじゃったら土に戻れないから、土に連れて行ってあげよう」と提案しました。

でも2人ともバタバタしているセミに触るのが怖くて、近くに落ちている大きな葉っぱにセミを載せて、道ばたの植え込みにセミを移動してあげました。

そんなことがあったのが、確か1週間ほど前。

それから道にセミが死んでいるのを見るたびに息子、「ママ、あのセミも土に戻してあげよう」と頑なに主張するので、毎回セミを移動させていて、結構大変です。

夏の終わり。
セミ、あちらこちらに落ちてるんだもん(^^;;

しかも息子、それでも自分で触るのは怖いようで、全部私にさせます(笑)

昨日もちょっと形も崩れていたセミの死骸を「土に帰してあげて〜」と怒るので、よく見たら周りを蟻が囲んでいて、

「ほら、アリさんが連れて行ってくれるって。」と適当にごまかしたら

ずーっと「アリさん、がんばって!ちゃんとセミを運ぶんだよ〜」としゃがみこんでしばらくアリを応援してました。

このブログでもずっと書いていますが、我が家は通園にものすごい時間がかかります(笑)

「急いで!」といっても、全く動じない息子。
それはそれでこのマイペースというか、我関せず的なところは逆にすごいと脱帽してしまうくらいで。
(小学校とかの集団生活で大丈夫かという不安は若干ありますが。。)


セミの抜け殻を見ては、じっと観察し。

段差があれば昇って、飛び降りてを延々繰り返し。

駐車場の前を通ると「駐車券をお入れください」と通せんぼを繰り返し。

砂利があれば、投げたり、排水溝に1つずつ入れたり。。

夏の暑い日はこちらも急いでるし、イライラして、どうしても怒鳴ったりしてしまいますが、こういう非効率な時間や距離がなにか形にならないものを彼に与えているんだと自分に言い聞かせて、大事にしています。

そして忙しく、大人になって感受性がどんどん鈍くなってきている自分のためにもなっているんじゃないかと。

保育園に一緒にいけるのもあと2年半。

大事にしたい時間です。

といいながら、自転車購入も検討したりして。

なかなか、楽しくも悩ましい時間です。。

写真 2013-08-27 6 53 33
※この時はディズニーの「白雪姫」にはまっている頃だったので、「ハイホー」を歌いながら小人のモノマネしているところです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

toyodana

Author:toyodana
ファイナンス企業→IT業界勤務
01年10月に育児と仕事のベストバランスを目指して起業。
現在クリエイティブライフ株式会社代表。
webディレクション&コンサルティング業。

しっかりものの旦那さんと2歳のシャイボーイと同じ屋根の下。

趣味はスポーツ観戦、読書。
最近はガーデニングとモンテッソーリ教育の実践に夢中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。