--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.22 11:18|子連れ旅行
先々週になりますが、週末に仙台の友人家族宅に遊びに行きました。

毎年旦那がスノボをする為にお世話になっているのですが、
今年は息子に雪遊びをさせたいというのもあり、家族でお世話になることに。

もう1組の友人夫婦も一緒に総勢5名で押し掛けましたが、
広い自宅に泊まらせてもらい、楽しく過ごさせてもらいました。

とにかく友人の奥様がとても料理上手、もてなし上手
旦那が毎年仙台に遊びに行くのを楽しみにしている理由がわかった気がします(笑)

ほんとおもてなしに慣れてない自分をこういう時に反省しますね。
「おもてなしされる方専門」なんて冗談でたまに言ってますが、
もうちょっと女性としてどうにかせねばと思ったり思わなかったり


子供はうちの息子だけでしたが、素敵な奥様方にハグされたり、チューされたりして、
恥ずかしそうにしながらも終始いい子でした

友人宅にあったミニカー(たまたま車のディーラーに貰ったとか)をめざとく発見し、相当気に入ったようで、ずっと握って離さないので結局頂いてしまいました。ありがとうございました。

2歳にして風呂好きの息子の心をとらえたのは「温泉」
車で南三陸の温泉まで行ったのですが、もう息子がお風呂から出ない。

露天はちょっと寒かったのか嫌がりましたが、内風呂から出ない。
縁の階段になっているところに座ったり、ぽちゃんと浸かったり、足をバタバタしてみたり。

みんなが出ても、呼んでも、私が帰るふりをしてもニヤニヤして絶対にお風呂から出ない。
喜んでくれるのはいいとしても、やはり子供。
限度も分からないし、急に倒れたりしても困ると最後は無理矢理つれて帰りました

しかし肝心の雪遊びは諸事情で出来なかったのですが、スキー場の前を通ると息子と同じくらいの子供がソリにのったりスキーらしきものを穿いたりしているのが見え、断然息子とスキーに行きたくなりました。

といっても私自身はもう十年以上ご無沙汰なので、多分無理なんですが。
息子と一緒にソリ遊びをしたいと思います!

IMG_1841_convert_20120222111432.jpg
東北新幹線「はやて」と息子
※実際乗ったのは「はやぶさ」でしたが(^^;

スポンサーサイト
2012.02.19 19:33|ママのお役立ちサイト
昨日で2歳8ヶ月になった息子。

まだ体重はやっと12キロということで周りの子に比べると軽いですが、
身長は90センチも超え、お布団で手足をのばして寝てるのを見ると

「でかくなったなぁ」と改めて思って感慨にふけったりします。

歩くのも言葉を出すのもゆっくりな息子。
色々ママとしてはやきもきしましたが、非常にのんびり屋、というより慎重な性格だというのが
最近よく分かってきました(笑)
パパもママも慎重かつ心配性なので、まぁ遺伝ですね。

しかし2歳半すぎたあたりからグングン言葉も出てきて、動きも活発になってきました。
1日1日進化している姿を見せてくれるので、彼と過ごす時間は何よりも癒されます。

その彼の変化の1つの要因となっているのが11月から通い始めた
「七田チャイルドアカデミー」という幼児教育の塾です。

こんな小さい時に塾に行かせるなんて教育ママ!?と思われるのが嫌で
あまり人には言ってませんが、これがなかなか楽しいのです。

きっかけは行かせている友人が勧めてくれたこと。
とりあえず「どんなもんか」一日体験教室にいったのですが、息子の食いつきがすごかった。

最初はすごく警戒していた息子が、どんどんはまって楽しそうにお歌を聴いたり、カードを見たりしているのを見て、最初は「塾なんて」と懐疑的だった旦那と私はびっくり。

こんな楽しそうにしてるなら、行かせてあげようかということになりました。
(月謝高いし、毎週土曜日がつぶれるんですが


内容は数字や形、文字をカードで見せたり、お歌にしたりする非常に教育的なもの。
「元素記号の歌」とかあって、「2歳児にそれはないんじゃ・・・」と思うものもしばしばですが、覚えるのを目的にしているのではなく、あくまで右脳を刺激するということらしいです。

そういう事より良かったのが私や旦那が「こうやって教えるのか」という教え方や子供に対する接し方が分かった事。

先生の質問に対して答えられた時の息子の誇らしげな顔
そしてそれをものすごく褒めてあげる先生

出来ても出来なくても、何か見つけて褒めてくれる先生はすごいです。
尊敬します。

これはあくまで私見ですが、、
やはり保育園のような集団保育だと1人とじっくり向き合うことは難しい。
1時間みっちり向き合って大人が何か教える時間って必要なんだろうなと思います。

本来はそれが親であるべきなんですが、なかなか初めての子育て。
家事や仕事の事にかまけて、そしてまだまだ教育なんてと思っていた私は全然出来てませんでした。

スポンジのように色々吸収する時期。
彼の成長は目覚ましいです。びっくりします。

自分の脳みそがどんどん退化しているので、ちょっと最近ジェラシーです。
2012.02.03 10:30|未分類
こどもを褒めるって難しいなぁと思う事がありました。


以前は「うがい」が出来なかった息子。

私がするのを真似してやりたがるのですが、お口に水を入れ、そのままゴックン。

ゴックンした後で上向いてガラガラっとやってました。

長らくその状態だったので、あまり洗面所の水を飲んでほしくない気持ちもあり、うがいはさせていませんでした。

それがつい先日。
保育園から帰って手を洗った後
「がらがらっぺっしゅるーー」と自分でコップに水を入れ、
上手にうがいする事が出来ました!!

これは本当にびっくりして嬉しくて、息子をベタ褒めしました





だって嬉しかったんです。これが成長かぁーと何度も何度も

「すごいねーすごいね!!うがい出来たじゃん」と

ものすごーく褒めてあげたのでした。

しかし子供って難しいw

そして翌日から彼のうがい地獄が始まりました!


保育園から帰宅したら、早速うがい。

うがい→手洗い 

本来はここで終わるはずなんですが、、、

うがい→手洗い→うがい→手洗い→うがい・・・・

エンドレスリピート!!


しかも時々上向いてうがいしながら、私の顔をチラっとみて、得意そうにニヤニヤしながらガラガラするので、口から水がこぼれることもしばしば。

やっと何かで気をそらして終了させたとして、今度は歯磨きの時間。

歯磨きして、そのまま洗面所に走って行く息子。

ガラガラとうがい。

そして必要ないのになぜか手を洗って、またうがいして、また手を洗ってうがい 

1カップで5回うがいしていると換算して、1日に30回程度うがいしております。

これでインフルエンザ対策はばっちりです。
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

toyodana

Author:toyodana
ファイナンス企業→IT業界勤務
01年10月に育児と仕事のベストバランスを目指して起業。
現在クリエイティブライフ株式会社代表。
webディレクション&コンサルティング業。

しっかりものの旦那さんと2歳のシャイボーイと同じ屋根の下。

趣味はスポーツ観戦、読書。
最近はガーデニングとモンテッソーリ教育の実践に夢中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。